ビッグバンド始めました

タイトルのとおり。
吹奏楽ポップスからビッグバンドに転向して感じたこととかラッパのこととか新しい発見があったので、書き残しておく。
基本的に自分用メモだけど誰かの役に立つならそれもよし。

ビッグバンドというかジャズのお作法?方言?みたいなものを覚えるのは必要だけど、それ以外は難しいことは特になく、基本ルールは吹奏楽と変わらないんだと実感。お作法を覚えるのが大変だって言われてるけど、私は有名な曲ばっかりとはいえ結構ジャズ聴いてたから割とすんなりとけ込めた。まぁより高いレベルにはまだまだだけど、ひとまず周りと演奏できるレベルには達したかなといったところ。精進しよう。

  • 休めない

吹奏楽だと無駄に人が多いから交代しながらターン制でやりくりしてたけど、ビッグバンドは一人1パートだから休めない。今までは休みを捻出できるのを良いことに効率度外視のパワーサウンドを吹いてきたけど、最近は効率よく演奏できるように試行錯誤を繰り返している。休んできたことによってたるんだ唇にとって、この環境の変化が一番きつかった。3rd,4thの譜面でも休みがないからすぐ疲れ果ててしまう。

  • 効率の良い演奏

ビッグバンドは一人1パート、譜面がきついこともしばしば。この環境に馴染むために奏法や体の使い方を変えた。
まずは効率良い音の鳴らし方を練習した。今までは大きな音を吹きたい時はとにかく息をぶち込んで、それを口で支えるって感じだったけど、体に余計な負荷がかからないように息のスピード、量、そしてアパチュアを調整した。こうすると力まずに豊かなサウンドが出るようになった。文章にしてみると当たり前のように感じる…この吹き方だと軽い楽器を吹いた時にオーバーブローせずに鳴らすことが出来るようになり、重い楽器も比較的バテずに良い音で吹けるようになった。今まで体の使い方に対する意識が甘かったということに気づけたとも言える。

バンドにあまり見たことのないアンブシュアをしているめちゃくちゃ上手い人が2人ほどいた。2人の真似をしてどうやって音を出しているんだろうと考える過程でいくつかの新しい発見があった。2人がそれぞれどんなアンブシュアなのかという観点から説明する。

<巻き込みタイプ>

1人目は巻き込みタイプ。高い音になるほど唇の巻きがきつくなる。唇の巻きは今まで何度か試行錯誤して「全然音が出ない」で終わっていたが、今回は新しい発見があった。それは「適切な巻き具合がある」ということである。音量、音域によって息の使い方が変わるが、それに合わせて適切な巻きをすることが大事である。巻けばいいってもんじゃない。
結構特殊な演奏方法だなと吹きながら感じるが、コントロールしやすいしバテないし結構気に入っている。ただしHiC以上になると、高い音だ!と強く意識して過剰に唇を締めてしまい、この奏法が崩れる傾向にあることがわかった。今のところいつも使える音域マイナスαくらいの範囲限定奏法といった感じ。サイドで吹くときにもってこい。ちなみに高い音は細くなりがち。低い音を吹くときはプレス弱めにすると上手に鳴る。
唇の巻については、5年前の革命的なレベルアップのきっかけになった概念だった。今回は革命的とまではいかなかったが、バテ軽減のきかっけとなる新奏法だった。
ん?もしかしてこれがパッカーというやつか?

<すぼめタイプ>

2人目はすぼめタイプ。唇を中央に寄せ、それ以外にはあまり余計な力を加えないようにすることで、振動部分を高密度かつ柔らかい状態にし、ハイノートを鳴らすとのこと。箸を上の前歯と下唇で咥えるようなイメージ。よく言われるやつだ。余計な力を加えない、というのは実感できなかったが、唇を中央に寄せることで高い音が出ることはわかった。思い返せば高い音吹くときは唇張る意識が強くて寄せるという意識がなかった。新しい発見だった。
ただ、唇巻き込みと比べてまだ自分のものにできてない感じ。余計なところに力が入ってるのか、すぐ疲れてしまう。自分なりの答えを導き出すべく試行錯誤を続けていこうと思う。

  • 軽い楽器との出会い

今まで一般的に重めと言われるバック系の楽器を吹いてきたが、軽い楽器を吹く機会があったので吹かせてもらったところ、あまりのハイトーンの出やすさに感動した。重い楽器は上手に吹かないと疲れやすいしハイトーン出ない。それに比べて軽い楽器は多少吹き方が崩れても音は出るしハイトーンは出やすいし、軽い力で吹けるから疲れにくい。こういう楽器を使っていればもっとハイトーンを早く習得できたのではないかと若干後悔している。もう今すぐにでも新しく楽器を買いたい。いや、買う。
新しい楽器を買う予定であることに変わるはないが、軽い楽器のデメリットも分かり始めたので書いておく。
軽い楽器はやはりオーバーブローしやすい。力むと一瞬で音色がお粗末になる。大きい音を吹くときほど神経を使って効率よく吹く必要がある。また音が出やすいぶん音色や音程がイマイチな音が出やすい。逆に言えばいろんな音が出せるため、奏者次第なところはある。あと音が抜ける。リードを吹くならバッチリ。良くも悪くもといった感じなので、あまりにも周りに溶け込めないようならば楽器の持ち換えを検討したほうがいい。逆に言うと持ち換えを前提としているのならばバリバリのリード向けの楽器を買って上手に鳴らせるように練習するのが現段階での私の理想。

  • 高い音に対する意識 

高い音を吹くとまぁバテやすいんだけども、それ以上に高い音とそうでもない音を行き来することの方がはるかにバテやすいということに気づいた。私は高い音を吹くために口周りをがっちり固めてしまうため、非常にバテやすいうえに下の音に下がれない。これは単純に奏法の問題。今までとにかく高い音が出ればいいと思って作ってきた口だが、おそらくこれは直したほうがいい。これの解決には2種類のアプローチを考えている。1つ目は、自分には「高い音を高いと思う意識」があってこれを克服して高い音を吹くことが必要だということ。もうひとつはミドルレンジからそのままハイレンジまで上がれるアンブシュアを見つけ、それを体になじませること。前者のほうが周りからのウケは良さそうだが、たぶん私には後者のほうが合っている(いままでそうやって問題解決してきたため)。後者のような解決策を実現するために前者のような意識を持つのが正解か。

 


こんなところだろうか。
新しい環境に移ると新鮮でとても楽しい。

そしてとにかく今は楽器が欲しい。

悲しい話

表題の通りです。最近トランペットを一生懸命演奏しているんですが、どうもうまくいかなくて悲しい気持ちになってます。

 

具体的に書いていくとしましょう。

最近吹奏楽ではなかなか要求されない音域を吹く機会に恵まれているんですが、それを吹きこなせずにいてすごくもやもやしています(具体的にはHiE,F,F#)。自分なりにあの手この手を使ってどうすれば吹けるのか試してはいるんですが、どうも結果がついてきません(一応、調子が良い時は当たる)。

個人的にハイトーンはコツをつかんで一気に上手くなれるものだと思っているので、一生懸命練習している段階でもう虚しさを感じているのです。

そんな中トランペットの奏法についてすごく詳しく丁寧に書いているブログを発見したので読んでみたら、さまざまな角度から色々な観点で奏法について深く考察されていました。(引用していいのかわからんのでとりあえず内容は伏せときます。)

長らく意識していなかった概念に触れてすごく新鮮な気持ちで読んでいました。特にブレス、プレス、唇の巻き込みの3点を考え直す良い機会になりました。

「この停滞した現状を打破するきっかけをつかんだかもしれない!」と、希望が見えてテンションの上がった私はさっそく「色々試してみるぞ!」と意気込んで、ラクにハイトーンを吹けるような吹き方を模索し始めました。しかしこれが沼というやつで、考え込みすぎたり試行錯誤しまくって速攻バテて練習にならなかったりプレスしまくって唇が腫れてハイトーンが出なくなったりと、THE 悪循環という有様。まぁ一朝一夕でうまくいくわけないよねーと最初は思っていたのですが、こうも成果がないと己の練習のセンスのなさとか奏法のセンスのなさを実感してしまいます。で、あせってさらにがむしゃらに練習をしてしまい、そんな状態で物事が良い方向に向かうわけでもなく、結果が出ずに悲しい気持ちになり、今悪循環の最底辺にきて気持ちがマックスに沈んでしまっているというわけです。

 

以上、現状報告。どうして悲しい話というのは長文になりやすいんでしょうね。気持ちが落ち着いてるから文章が書きやすいんでしょうかね。

まぁでも書いてるうちになんか今の状況を見つめ直せたので、明日からはもう少しまともな気持ちでらっぱ吹けそうです。何事も文字に起こしてまとめてみるもんですね。

 

 

プレスを良い感じで多用すると口輪筋が疲れることなく演奏できるのでバテない、という話を聞いてから早くその境地にたどり着きたくて仕方ない。

芸術の秋

9月になりました。

芸術の秋というだけあって、私の音楽活動も徐々に盛んになる時期であります。

9月上旬には地域のジャズフェスに参加してきました。

ジャズフェスといっても名ばかりで、特に音楽のジャンルに縛りはないという不思議なイベントです。実際、私の参加しているバンドはポップス枠として出場してきました。

今回は団の代表として本部とやり取りをしたりセトリを組んだり演出考えたりと結構忙しく動き回っていたので、運営うまくいってよかったーという気持ちでいます。しばらくはこういうのやらなくていいやって思ってたはずなんですけどね笑

 

ところで私はジャズは好きなんですが、演奏する機会はほとんどありません。なんちゃってジャズならいくらでもやってますが(吹奏楽団に所属しているので)。ジャズの団体に所属して色々勉強して吹けるようになりたいなと思うのですが、なかなかこの一歩を踏み出す勇気は出せずにおります。来年度から新たしい土地での生活が始まるので、そのタイミングでよさげな団体に入ってみたいなと思ってはいます。

 

話を戻します。

今月末にまた依頼演奏に参加してきます。1ヶ月に2回イベントがあるのはなかなかハードですが、がんばりたいです。

こっちのイベントも企画受けちゃったから、まだ忙しさは続くんだろうなー

まぁでもこの団に所属してられるのもあと少し。精一杯楽しみたいと思います。

 

 

割と狭い間隔でイベントがあって忙しいせいか、レコーディングのモチベが下がっています。

仕方ないといえばそうなのですが、忙しい中でもある程度コンスタントに取り組めないと続かない、というのが最近の持論なので、楽譜起こすだけでもいいからやっておきたいです。選曲はもう終わってるので、あとは手を動かすだけなんですよ…

ちなみにつぎは歌ものです。TpでVoを演奏するのあまり得意じゃないんですけど、ラッパがなじみそうな曲を選んだので、レコーディングがスムーズに進むことを願ってます。

 

宅録の環境整えたいな…

夏後半

夏の思い出を綴ろうのコーナー

 

8月後半のお話。

 

友人とともに山形県の高畠ワイナリーに行ってきました。結構有名な観光地のはず。

一応ワインの製造方法が説明されてたり、製造過程が見れるようになってたりするのですが、メインコンテンツはワインの試飲。なんとワインがタダで試飲し放題なのです。

とんでもない施設なのですが、そのからくりはワインが美味しすぎて客がつい3,4本買っちゃうから。

私も例に漏れず2本買って帰るつもりが3本買って帰るという頭の弱さ。試飲して酔ってるのもいけないと思います。

でも家に帰って飲むとやっぱり買ってよかったなってなるので後悔はしてません。ショップ限定ワインはおいしいので罪悪感も薄まるというもの。ほんとwin-winの関係になれるいい施設です。

年一くらいのペースで行きたい。

 

ディズニーブラスト!見てきました。

エンターテインメント性あふれる演奏大好きマンでありながら未だにブラストを見たことがなかったので、近くで公演があるという話を聞いて速攻でチケット取りました。

感想、大迫力の演奏とパフォーマンスに圧倒されました。

元々マーチングが発展してできたエンターテインメント性の高いパフォーマンスが新しいジャンルとして独立し、ブラストという団体が出来上がったらしいのですが、それがよくわかるパワフルな演目でした。

もっと笑いどころがある愉快な演奏をするというイメージを勝手に持ってたのですが、ただひたすら技術力を見せつけに来る気持ちのいい演奏をされるんですね。(ムノツィルブラスの見すぎ)

また見に行こうと思います。つぎは本家ブラスト!見たいな。

 

 

楽しい夏になりました。

最近はイベント参加の関係でバタバタしてて忙しいです。乗り切れば少しは楽になるかな。

 

リアルの音楽活動についても、ぼかしつつ書き留めていきたいと思います。

誰も見ないとは思うけど、念のため、ぼかしつつね。

2017年の夏

気づいたら3ヶ月放置してました…

 

週一で書こうとか言ってたあの頃はどこへ行った

 

忙しくて書いてる暇がなく、ブログ執筆が心の枷になるくらいならやらなくてもいいじゃんという言い訳が一応あります。

ちょっと忙しくなるだけでデイリーワークがおろそかになるのは私の悪い癖です。

でも完璧主義的になんでもかっちりこなそうとするのも私の悪い癖なので、ブログを消さずこうやって再開できているのはそれはそれでいいことだとも思ってます。

プラスに考えようね。

 

自分の考えを文章にしてアウトプットする機会作りとして、このブログ再活用していきたいと思います。あとで自分で見返して「この頃はこんなこと考えてたなー」って物思いにふけるもの良さそうかな、ってことで、日記っぽくしようとも考えてますが、まぁそこはなりゆきで。

 

というわけで、今年の夏を少しづつ振り返っていきます。

 

今年の夏に限った話ではないですが、友人が忙しい日々を送っている一方で私は暇な日々を過ごしています。

 

ひとりでいるとなにもせずグダグダしてしまうので、自分なりにアクティブに過ごそうという目標を掲げて夏を過ごすことにしました。

 

  • アクティブその1:専業主婦体験をしよう

家からあまり出たくないので家の中でできるものはなにかないかな、と考えたときに思いついたのがこれでした。

洗濯とか洗い物とか料理とか、今までなんとなくやってきたことをこだわりを持って取り組むことで、来年からの新生活(今年が最後の学生生活なのです)に向けて家事スキルを高めておこうという狙いがあります。

やり始めるとなかなか楽しいもので、今でも安定して家事ができています。もはや趣味みたいな扱いになっているのか、はたまた「効率的に家事をしよう」という感情が前に出ているのか、面倒だなという気持ちが弱っているのも良いことです。家事がストレスにならないから継続できているのかもしれません。思い返せば今まで家事はストレスだったな…

ストレスを溜め込まない生活は大事、ストレスを溜め込まないために策を講じる、という二つのことを学習できたので、なんだか人間として一歩成長できた気分です。

 

  • アクティブその2:知らない人と関わってみる

事の発端はプリンタのインクを型番間違えて買っちゃったこと。処分しようと思いましたが、「今年の夏は色々チャレンジするんだ!」と自分を奮い立たせ、思い切ってメルカリアッテで売ってみることに。

出品してみたら1週間ほどで買い手が見つかりまして、取引を色々してるうちに無事売却成功。ネットで知り合った人に会うというのは緊張しましたが、意外となんとかなるものですね。初対面でもきちんと会話ができたことで、自分に自信が持てました。

なんでもかんでもネットで解決できる世の中だなと改めて実感。

 

  • アクティブその3:またまた知らない人と関わってみる

簡単に言うとツイッターでフォローしてる人に会ってきました。

メルカリアッテで知らない人に会うことに対する恐怖心が軽減された私は、ツイッターで有名なトランペッターが近くの楽器屋さんに遊びに来るとの情報を目にし、アポとってお会いすることに。

他人と交流するなら私はトランペット繋がりしかないだろうという気持ちもありました(笑)。

実際お会いするともうひとりいらっしゃって、3人で楽しく楽器についておしゃべり。トランペットの知識もすごく豊富で、話していてとても楽しかったです。詳しく話すと長くなるので割愛。

音楽を通していろんな人とつながりたい!という人の気持ちをほんと少しだけ理解できたような気がします。

 

さらに違う日にまた別の有名なトランペッターが来るということで、またアポを取ってお会いしてきました。こちらも詳しくは割愛しますが、楽しくお話させていただきました。

 

最近ではネットを通して人と知り合って実際に会うなんて珍しくないのかもしれませんが、実際に自分が経験するとまた違った感想が出てくるものです。やはり見聞きするのとやってみるのとでは全然違いますね。特に私のように他人と関わる機会が少ない人間にとっては尚更です…ほんと良い経験になりました。

 

 

今回はこのへんで終わり。

まだ書き残しておきたいことがあるので、いずれまた書きます。

ボルダリンガー!

最近暑くなってきたので部屋着を薄くしたら、今度は寒くなってもとの部屋着に戻しました。

 

先日、ボルダリングに行ってきました。

f:id:kanon38244:20170528145403j:plain

 

ボルダリングって言っても色んな種類があるらしいですが、私が行ったのはみなさんが想像するような、最近流行りの壁の突起物をつかんでよじ登るやつです。(写真参照)

 

突起物がいっぱいあるのがお分かり頂けると思います。基本的にはこれらを使って登って行くんですが、実はこれ、なにも考えずに登ると簡単に壁の上まで行けちゃうんですね。

なのでボルダリングにはコースというか課題のようなものがあります。

とその前にボルダリングの基本ルール説明。

1.まずは指定された突起物に両手で捕まり、両足を突起物やかべに付けた状態からスタート。

2.指定された突起物だけを使って登っていく。手はもちろん、足を置いて良い突起物も決まってます。

3.そしてゴールに指定された突起物に両手で捕まったらクリア!

こんな感じで登っていきます。

 

コースにはいくつかレベルがあって、私が行った場所ですと初心者相当から初段相当まで6段階にレベルが分かれていました。何が初段なのかはよくわかりません。

 

一番簡単なコースだとどの突起物に足をおいても良い、という親切設計。初心者でも楽しめるので、誰でもすぐに「俺!ボルダリングしてる!」という純粋な楽しさを味わうことができます。はじめて登った時の楽しさハンパじゃないです。やってみないとわからない系のやつですね。

 

コースはそう簡単にはクリアできません。私も2回ほど行ってきましたが、2番目に優しいレベルのコースをぼちぼちクリアできるようになったところです。次のレベルに行くまではまだまだかかりそう。

 

逆に言うと各人に合った課題設定ができるので、自分のペースで取り組むことができます。

 

純粋に楽しくて達成感があり、自分のペースで取り組める。しかもパワー勝負ではなくテクニック重視のスポーツなので、筋肉に自信がなくても楽しめる。

すごく良い環境で取り組めるので、これからも継続して行けちゃいそう。週一の楽しみにしていこうと思っています。

みなさんも是非。

 

 

ところでボルダリングする人ってボルダリンガーでいいのかな?それともボルダー?