手に入れたのは、圧倒的な洗いやすさ

暑くなってきて水分補給の意識が高まる時期ですね。

毎年水筒を引っ張り出してきて使うけど、だんだんめんどくさくなって使わなくなっていくふぃすです。

 
というわけで今年も懲りずに私も水筒を持ち歩く生活を始めたいと思います。
早速去年まで使っていた水筒を引っ張り出してきました。 
f:id:kanon38244:20170528175341j:plain
…あーそうそう、こんな感じだった。なんか塗装が剥げてきてる(?)んだよね。少しずつ剥げるからカバンの中に剥げカスが溜まるし、ちょっとベタベタするから買い換えたいなぁって思ってたんだった。
 
せっかくなので、この機会に長く使っていけそうな水筒を買うことに。
水筒生活を長く続けるためには何が大切か?いろいろ調べながら、自分が水筒に求めるものを考えます。
 
てなわけで、こんな感じの条件設定で選んでいくことにしました!
こんな水筒がほしい!2017
  • お手入れが簡単!
  • 直飲みタイプ(コップタイプでない)
  • 保温性が高い!
 
特に重視したいのはお手入れの簡単さですね。水筒生活のモチベ維持を考慮した時にここは譲れません。前使ってたやつはパーツを分解するのめんどくさいし、複雑な形してるから洗いにくいという理由で続かなかったので、大事な選定ポイントです。
 
というわけで一つ目の候補に上がったのがナルゲンというメーカーのボトル。
 
もともと研究用の試薬をいれるために作られたボトルらしく、とても頑丈で液漏れしないことが特徴。アウトドアでもよく使われるそうです。
お手入れも簡単そうだし軽くて持ち運びも楽そう。-20℃〜100℃まで耐えられるのでボトルで直接お茶を沸かすなんてこともできます。あとおしゃれ。
今まで見てきた水筒とは一風変わっていて、使ってみたいなーという意欲に駆られます。使い道も色々ありそうです。
 
しかし夏場は冷たいものを飲みたい!!
 
冷たいナルゲンボトルを持ち運んだらカバンの中が結露でビチャビチャになるに決まってる。そんなのイヤだ!
 
そして私は知っている。「保温・保冷性ないけどなんか面白そうだしこれにしよう!」っていうテンションで買ったあと、ふとした時に「私は本当にこれが欲しかったのだろうか…?」となることを…
つまり自分で決めた条件は満たしておかないと結局後悔するんです。条件の中に「かわいいやつ♡」とかいうのが入ってれば買ってもよかったかもね。

とはいえ使い方が様々で、非常に面白そうなので、機会があれば買ってみようかなーなんて思ってます。
 
今回は一旦保留!次の水筒を探しに向かいます。
 

はい、見つけました。理想形。びっくり。タイガー社の夢重力という水筒。
私の求める条件にピッタリ。ってかこんな感じのやつ使ってる人いたわ。マグタイプっていうカテゴリなんですね…どうしてもっと早く気付けなかったかな…
 
蓋を外して直で飲める、パーツは本体・蓋・パッキンの3点のみで洗いやすい、保温性も高い、おまけに軽い。いいとこづくめ。
蓋のところがちょっと洗いにくいっていうレビューがあったけど、これ以上お手入れが楽そうな水筒見つからなかったのでとりあえずOK。善は急げと言いますから、もう購入しちゃいましょう。
 
ポチッとな。

届いたら使ってみて感想でも書きます。
では。

ボルダリンガー!

最近暑くなってきたので部屋着を薄くしたら、今度は寒くなってもとの部屋着に戻しました。ふぃすです。


先日、ボルダリングに行ってきました。

f:id:kanon38244:20170528145403j:plain


ボルダリングって言っても色んな種類があるらしいですが、私が行ったのはみなさんが想像するような、最近流行りの壁の突起物をつかんでよじ登るやつです。(写真参照)


突起物がいっぱいあるのがお分かり頂けると思います。基本的にはこれらを使って登って行くんですが、実はこれ、なにも考えずに登ると簡単に壁の上まで行けちゃうんですね。

なのでボルダリングにはコースというか課題のようなものがあります。

とその前にボルダリングの基本ルール説明。

1.まずは指定された突起物に両手で捕まり、両足を突起物やかべに付けた状態からスタート。

2.指定された突起物だけを使って登っていく。手はもちろん、足を置いて良い突起物も決まってます。

3.そしてゴールに指定された突起物に両手で捕まったらクリア!

こんな感じで登っていきます。


コースにはいくつかレベルがあって、私が行った場所ですと初心者相当から初段相当まで6段階にレベルが分かれていました。何が初段なのかはよくわかりません。


一番簡単なコースだとどの突起物に足をおいても良い、という親切設計。初心者でも楽しめるので、誰でもすぐに「俺!ボルダリングしてる!」という純粋な楽しさを味わうことができます。はじめて登った時の楽しさハンパじゃないです。やってみないとわからない系のやつですね。


コースはそう簡単にはクリアできません。私も2回ほど行ってきましたが、2番目に優しいレベルのコースをぼちぼちクリアできるようになったところです。次のレベルに行くまではまだまだかかりそう。


逆に言うと各人に合った課題設定ができるので、自分のペースで取り組むことができます。


純粋に楽しくて達成感があり、自分のペースで取り組める。しかもパワー勝負ではなくテクニック重視のスポーツなので、筋肉に自信がなくても楽しめる。

すごく良い環境で取り組めるので、これからも継続して行けちゃいそう。週一の楽しみにしていこうと思っています。

みなさんも是非。



ところでボルダリングする人ってボルダリンガーでいいのかな?それともボルダー?

初めての投稿

はじめまして。ふぃすと申します。

ブログ始めてみました。

続きを読む